冷え性とダイエット

冷え性とダイエット

冷え性は様々な害を引き起こすため、何とか改善していかなければならないものですが、一方で冷え性の改善と相性の悪いことがあります。それはダイエットです。

 

体重を減らすダイエットという行為は、方法を誤ると血流をより悪化させる大きな原因となってしまいます。そもそも体重を減らしたとき、現実的にはどうやっても脂肪も筋肉も落ちてしまいます。

 

運動しながらのダイエットでも、脂肪を落としながら筋肉を増やすと言うのは現実的な条件下ではまず起こりません。従ってダイエット自体が代謝を落とす側面を持っていますが、これが顕著になるのが食事制限に頼ったダイエットで、摂取カロリーが極端に落ちると飢餓対策のため、体はエネルギーを馬鹿食いする筋肉を積極的に分解し、効率の良いエネルギー源である脂肪を温存しようとします。

 

従ってエネルギーを消費し熱を生産する筋肉ばかりが減り、体重が落ちている割にはお腹の脂肪が落ちないとか、目標体重に達してもその体重が維持できないなどと言ったことが起こります。そしてお気づきと思いますが、これは冷え性にとってもとても悪いことです。

 

冷え性の方のダイエットは、とにかく全身運動、有酸素運動を行い、体中の血流を良くすることで脂肪を燃やすことです。

 

運動そのものが冷え性の改善に役立ちますし、定期的な運動は血流が悪い末端の部位に定期的に酸素や栄養を与え、むくみの原因である不要物やリンパ液等の回収を促進します。そしてダイエットによる筋肉の低下も最小限に留めることで真に美しく細いからだを作ることができるのです。